総量規制は個人や借入先を守る法律

総量規制は個人や借入先を守る法律

総量規制という言葉は、お金を借りようとする人にとって、大きなキーワードの一つともいえる言葉です。しかし問題は、総量規制導入で借りる側は厳しくなったの?それとも借りやすくなったの?ということではないでしょうか?

 

総量規制とは?

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。例を挙げて考えてみましょう。年収が600万円の人が、総量規制の下で借入を行える最高限度額は、600万円の3分の1の金額である200万円までとなります。
このように借入額に制限を設けるのが総量規制という法律です。

 

総量規制はいつも当てはまるの?

総量規制については、いつも当てはまるわけではありません。では、いつ当てはまるのでしょうか?それは消費者金融を利用するときにです。つまり逆に言うと、銀行での借り入れに関しては、総量規制は当てはまらないということになります。

 

総量規制の目的

どのような背景があって、総量規制は導入されることになったのでしょうか?一時期、闇金による厳しい取り立てが社会問題となりました。この取り立てから逃れるために、自殺を選ぶ人もいました。
このような取り立てが行われるほどにまで、借金地獄に落ちいたのは貸す側がお金の返済をでいない人に貸したことにも原因がある、と考えられました。その結果、返せないお金を貸さなくすることによって、借金地獄に陥る人をできるだけ少なくしよう!という目的のもとで作られました。

 

総量規制の壁

良い意図で作られた総量規制ですが、収入の低い人にとっては大きな壁ともなっています。たとえば収入が90万円しかない人は、借入ができる額が30万円までとなるのです。特に自営業者などにとっては、経費で収入を抑えることが仇となってしまいます。
確かに借りすぎを防ぐとてもいい歯止めにはなっています。しかしながら、本当にお金が必要なときに困ってしまう人も多くいるのです。

 

借りやすくなった?借りにくくなった?

結論としては、何を基準にするかで変わってきます。のちの返済のことを考えるのであれば、総量規制のおかげで借りすぎを防ぐことができ、返済がそこまでの負担にならないようになります。
しかし一方で金額の制限があるために、本当に必要な時に必要なお金を借りられない!という弊害も生じてしまいます。しかしこの場合は、返せないお金なので借りない方がいい、という意見もあります。
借りる側にとっては、どちらかというと借りやすくなったのではないでしょうか?

総量規制は個人や借入先を守る法律エントリー一覧