学生でもお金を借りることが可能

学生でもお金を借りることが可能

学生であっても、まとまったお金が必要なときはあることでしょう。そんなときに、親に頼るのは嫌だ!という人もいるはずです。そんな人が利用を考えるのがカードローンでしょう。そこで学生のカードローンについて詳しく調べてみましょう。

 

学生がお金が必要になる理由

学生だと友人との付き合い、サークルの合宿代などの交際費がかかることがあります。友達の手前、なかなか断りにくいと感じる人もいるようです。
さらには生活費がピンチで、家賃が払えない!などの生活面での支障をきたす場合もあります。このようなケースは少なくはないのです。

 

学生がお金を借りられる場所

学生がお金を安全に借りようとすると、どのようなところがあるでしょか?やはり金融機関になります。たとえば銀行や消費者金融です。

 

学生はお金借りれるの?

学生=収入がない、または少ないというのが一般的です。学生であることが仕事のようなものですから、なかなか収入という面では厳しい人も多いはずです。
そんな収入の限られている学生がお金を借りることができるのでしょうか?結論は、借りられます。金融機関によっては、学生向けにカードローンを提供しているところもあります。申込みを行う時には、このようなカードローンで申し込むことによってより確実に審査に通過することができるようになるでしょう。

 

もし借りれるなら金額はいくらぐらい?

学生は収入が限られています。それを前提にした借入金額となることでしょう。多くの場合は10万円から30万円ほどのカードローンが主流です。もしもアルバイトなどで収入があるのであれば、その収入の額の3分の1の金額まで借入を申込みことができます。
人によって借入を行える金額は変わってきますが、収入面で不安定であることを考えるのであれば、借りすぎないように気を付けることが大切です。

 

審査に落ちる理由になるかもしれないこと

どんな審査であっても、金融機関側は信用情報に目を通します。この信用情報には携帯代の支払いの記録も収められている可能性が高いです。携帯電話を一括払いで買っていない限りは、携帯代の支払いは携帯本体をクレジットで買ったという扱いになります。
そのために、携帯代の支払いの記録が信用情報の扱いになるということを知らなくて、携帯代を未払いであったり遅れて払っているという人もいます。これが原因で審査に通らないということもあることを覚えておきましょう。

学生でもお金を借りることが可能エントリー一覧