カードローンの担保・保証人なしの理由

カードローンの担保・保証人なしの理由

カードローンでお金を借りるのに、担保・保証人なしでもOKというローンがあります。どうしてこのようなリスクが高いことができるのだろう?と、思う人もいることでしょう。しかし、それにはそれなりの理由があるのです。

 

 

金利が高め

 

無担保・保証人なしでOKのカードローンは、担保・保証人が必要なローンに比べて金利が高めに設定されています。5%から18%程度で設定されます。あるデータによると15%がだいたい平均的な金利と言われています。住宅ローンの場合は1%から2%程度です。つまりリスクが高い分、金利も高めに設定しているのです。

 

 

無担保・無保証人のリスク

 

カードローンでは返済が滞ると銀行は貸したお金が回収ができなくなります。このために赤字となります。この赤字となる割合は平均的には1%から3%といわれています。つまりこの赤字を埋め合わせることが大事になります。金利はその分上乗せされていることに加えて、りえきも出すために更なる金利の上乗せとなっています。つまり無担保・無利息でも金融機関は利益を出していけるのです。

 

 

実はいる保証人!

 

銀行のカードローンを利用すると、保証人が必要ではなくても、条件として保証会社の保証を受けることがあげられていることが多いです。保証人の代わりに、もしも返済が難しくなったときには、保証会社が返済を行うというものです。では借りた人が返済をしなくていいの?と、思うかもしれませんが、実際には今度は保証会社に支払いを行うことになります。

 

 

保証会社は消費者金融

 

保証会社の存在を理解したところで、では保証会社とはどのような会社なのか?という疑問もわくかもしれません。保証会社は多くの場合、大手の消費者金融になります。立替を行ってもらうと、取り立ては消費者金融からくるのです。つまり銀行だから取立てはそこまで厳しくないだろうと甘く見てはいけません。返済はきちんと行わなければなりません。金利も上昇したりと、いいことはありません。

 

 

無担保・無保証人でも返済はしっかりと

 

無担保・無保証人だと気軽に借り入れをできるようなイメージを抱いてしまいます。しかし、現実はそうではありません。やはりきちんと借りたものは返すという点では、担保・保証人が必要なカードローンと変わりはありませんので、そこは十分に理解するようにしましょう。

 

カードローンの担保・保証人なしの理由エントリー一覧